発生ガス分析-質量分析法(EGA-MS)によるアウトガス分析のご案内

カテゴリー: 材料分析

樹脂等の高分子材料について開発・解析を行うためには、熱分解挙動及び熱分解生成物等の情報を得ることが重要となります。当社では、プログラム昇温可能な熱分解装置(ダブルショットパイロライザー)を用い、発生ガスプロファイルの測定及びアウトガスの成分分析が可能です。

 

分析事例:ポリカーボネート(PC)のアウトガス分析

 

 

 分析の結果、ポリカーボネートは約440℃~600℃において熱分析が発生し、その熱分解生成物の主要成分は、ビスフェノールA,メチルフェノール等であることが確認されました。

 

 当社、保有のWショットパイロライザーは2段階昇温の設定が可能ですのでEGA-MS分析により、2段階の分解燃焼が確認された場合、各温度領域におけるアウトガス分析にも対応可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら

カテゴリー: 材料分析 | 2017 年 7 月 25 日 火曜日