2017 年 5 月 のアーカイブ


土壌汚染対策法 クロロエチレン(塩化ビニルモノマー)の調査・分析は当社お任せください!!

土壌汚染対策法 クロロエチレン(塩化ビニルモノマー)の調査・分析は当社にお任せください!!!

 (土壌ガス・溶出試験・含有量試験・地下水)

土壌汚染対策法施行規則が平成29年4月1日付で改正され、規制対象物質として新たにクロロエチレン(別名:塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)が追加されました(特定有害物質は計26物質となります)。

 当社では既に官公庁よりご依頼を受け、土壌ガス採取・分析の実績を有しております。

 

 クロロエチレンの基準値等は下表の通りです。

項目

クロロエチレンの基準値

土壌ガス調査における定量下限値

0.1volppm

土壌溶出量基準

0.002mg/L以下であること 

土壌含有量基準

-

地下水基準

0.002mg/L以下であること

第二溶出量基準

0.02mg/L以下であること

 土壌汚染対策法では以下のようになります。

①土壌汚染対策法第3条(特定施設廃止)

 平成29年4月1日以降に有害物質使用特定施設を廃止した場合には、クロロエチレンが調査対象として追加されます。

 但し、法3条第1項ただし書に基づき、土壌汚染状況調査の猶予を受けている土地は、都道府県知事の確認が取り消された時点で、クロロエチレンが調査対象として追加されます。

②土壌汚染対策法第4条(一定面積以上の形質変更)、第5条(調査命令)

 平成29年4月1日以降に調査命令が発出される場合は、クロロエチレンが調査対象となります。

  平成29年4月1日の段階で、既に法に基づく調査・措置を着手・継続している場合は、新たにクロロエチレンに関する追加対策を行う必要がありません。

 なお、クロロエチレンはテトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、シス-1,2-ジクロロエチレン又は1,1-ジクロロエチレン(以下親物質という)の分解生成物としても生じます。

 そのため一旦親物質で区域指定・措置の後区域指定が解除された土地について、改めて調査契機が生じた場合は、措置の種類によってクロロエチレンによる汚染のおそれがあるとみなされる場合があります。

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: ご案内 | 2017 年 5 月 16 日 火曜日

改正RoHS指令  IEC62321-8によるフタル酸エステル4物質のスクリーニング分析(Py/TD-GCMS)のご案内

201564日にRoHS2の禁止物質(制限物質)を定めた2011/65/EUAnnexⅡを置き換える(EU2015/863が公布されました。これにより、RoHS2の禁止物質6物質にフタル酸エステル4物質(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP))が追加になりました。(2019 7 22 日から一部の機器を除き適用)

フタル酸エステル類のスクリーニング分析法としてPy/TD-GCMS(熱分解-GCMS)が国際規格 IEC62321-8 において規格化され、2017年3月に正式発行されました。

 

当社では、IEC62321-8によるスクリーニング分析の実施体制を強化して、みなさまのご依頼をお待ちしております。

 

分析レポート(例)

貴殿よりご依頼いただきました試料の分析結果は次の通りです。

件 名

RoHS指令規制物質のスクリーニング分析

株式会社近畿分析センター

〈東日本事業所〉

211-8666

川崎市中原区下沼部1753番地

TEL044435-1087 FAX(044)435-1796

 

試料の特徴と状態

 

受 付 日

 

採 取 日

 

採取場所

採取の区分

採 取 者

採取方法

承 認

査 閲

担 当

分析実施日

 

 

 

 

試験方法

表中に記載

分 析 項 目

分 析 結 果

分析方法

試料名

 

1

鉛(Pb)

分 析 結 果

蛍光X線分析

2

カドミウム(Cd)

10 (mg/kg)

蛍光X線分析

3

クロム(Cr)

10 (mg/kg)

蛍光X線分析

4

水銀(Hg)

50 (mg/kg)

蛍光X線分析

5

臭素(Br)

10 (mg/kg)

蛍光X線分析

6

フタル酸エステル4種計

100 (mg/kg)

計算法

 

DEHP:フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)

100 (mg/kg)

Py/TD-GCMS分析

BBP :フタル酸ブチルベンジル

100 (mg/kg)

Py/TD-GCMS分析

DBP :フタル酸ジブチル

100 (mg/kg)

Py/TD-GCMS分析

DIBP :フタル酸ジイソブチル

100 (mg/kg)

Py/TD-GCMS分析

備考

<数値:検出下限値未満

蛍光X線分析

検出下限値:測定時の3σ

分析装置:株式会社堀場製作所 X線分析顕微鏡 XGT-5000

Py/TD-GCMS法

熱分解温度:400

分析装置:日本電子株式会社 JMS-1050GCにパイロライザーを付設

 

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 材料分析 | 2017 年 5 月 8 日 月曜日