‘環境測定’ カテゴリーのアーカイブ


超微量分析のご紹介 「JIS K0557-1998 用水・排水の試験に用いる水 A4の水の分析」

JIS K0557-1998 用水・排水の試験に用いる水 A4の水の分析が可能です。

その他、日本薬局方、各種海外規格に基づく分析もお気軽にご相談ください。

 

<分析事例>

 

項目

 

単位

種別及び質

定量下限値

(例)

1

2

3

4

電気伝導率

mS/m (25)

0.5以下

0.1以下

0.1以下

0.1以下

-

有機体炭素(TOC)

mgC/L

1以下

0.5以下

0.2以下

0.05以下

0.005

亜鉛

μgZn/L

0.5以下

0.5以下

0.1以下

0.1以下

0.01

シリカ

μgSiO2/L

-

50以下

5.0以下

2.5以下

1

塩化物イオン

μgCl-/L

10以下

2以下

1以下

1以下

0.1

硫酸イオン

μgSO42-/L

10以下

2以下

1以下

1以下

0.1

詳しくは以下にお問い合わせください

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2017 年 7 月 12 日 水曜日

土壌汚染指定調査機関情報を更新しました

A.指定調査機関に関する情報

名称

株式会社 近畿分析センター

URL http://www.kbc-em.co.jp/

指定番号

環境省:2015-8-0001

住所

本社:西日本事業所 〒520-0833

          滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号

   東日本事業所 〒211-8666

          神奈川県川崎市中原区下沼部1753

          (NEC玉川事業場内 51号館)

連絡先

本社:西日本事業所 ℡077-534-0651

   東日本事業所 ℡044-435-1087

事業所の所在地

滋賀県大津市

神奈川県川崎市

事業の登録・

許可の状況

◇土壌汚染状況調査(指定調査機関指定番号:環2015-8-0001

◇環境計量証明(滋賀県:濃度第1号、音圧レベル第5号、

                 振動加速度レベル第1号)

      (神奈川県:濃度第123号、音圧レベル第42号、

                   振動加速度レベル第20号)

◇作業環境測定(滋賀県労基25-2号)

◇建築物飲料水水質指定検査 

       (滋賀県3水第1号、川崎市25水第1号)

◇特定計量証明(特定濃度第02-01号) 

ISO/IEC170252005)試験所認定

   (JCLA57(プラスチック中の4元素Cd,Pb,Hg,Cr))

◇臭気測定認定事業所登録(第31001)号)

ISO14001認証取得(JQA-EM0185

◇環境省ダイオキシン類受注資格審査合格

◇ダイオキシン類特定計量証明事業者認定

土壌汚染調査の従事技術者数

調査関連:8

分析関連:12

B:調査の実績

土壌汚染調査の元請けでの受注件数

年 度

    法対象

法対象外

    資料等調査

    試料採取・分析を行った調査

平成24年度

0

2

8

平成25年度

3

28

35

平成26年度

0

0

65

土壌汚染調査の下請けでの受注件数

年 度

    法対象

法対象外

    資料等調査

    試料採取・分析を行った調査

平成24年度

0

0

12

平成25年度

0

0

19

平成26年度

0

0

11

  発注者主な業種  建設業、製造業、官公庁

C:技術力

技術者の保有資格と資格補修者概要

技術士(環境部門):1

技術士(応用理学):1

土壌汚染調査技術管理者:3

土木施工管理技士1級:2

地質調査技師:1

環境計量士:9

一般計量士:3

作業環境測定士 一種:45名(各号別)

作業環境測定士 二種: 9

公害防止管理者:34

放射線取扱主任者(二種):3

D:業務品質管理の取り組み

業務品質管理の状況

ISO17025の試験場認定を取得し、

①データの管理体制

②装置・標準試薬の管理

③輸送や資料の保管方法

④苦情・クレームの是正・予防措置

等について仕様書に定め、これを実行し、定期的な審査に合格している。(資格としては範囲限定だが他の分析にも展開している。)

E:その他情報

環境保全活動

ISO14001による環境管理活動に基づく取り組み

社会的責任

環境に関わる学生への教育、環境ボランティアへの参加等

加盟団体

(一社)日本環境測定分析協会

(公社)日本作業環境測定協会

(公社)日本分析化学会

(公社)においかおり環境協会

(公社)日本騒音制御工学会

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2017 年 3 月 21 日 火曜日

樹脂難燃剤中の赤リン含有分析-Py-GCMS(熱分解GCMS)による分析をメニューに追加しました-

電気製品の樹脂材料に難燃剤として使用されている、赤リンが原因となった焼損事故が多発しています。

■ 赤リンによる焼損メカニズム

■ トラブル事例

ACコードの機器側コネクタ先端に使用されている樹脂に、難燃剤として赤リンが含有されていました。これが空気中の水分により導電性のあるリン酸となり、絶縁不良から焼損にいたった事例です。

近畿分析センターは適切な赤リン分析を提供し、焼損事故の発生を防止に寄与します。

★当社では様々な赤リン分析の手法をご用意しております。

★お客様の目的・ご予算に応じ、適切な分析をご提案させていただきます。

■ 分析メニュー

①リン酸イオン分析 (破壊分析)

【手法】

赤リン含有が疑われる部材から、リン酸イオンを溶出させイオンクロマトグラフにより測定。

【特徴】

トラブルの直接的原因となる電解性のリンを測定するもっとも確実な方法で、樹脂中の含有量を算出可能です。ただしリンを溶出させるため、製品を元の状態に戻せない破壊的分析となります

②デジタル顕微鏡観察 (非破壊分析)

【手法】

高倍率の顕微鏡により、部材表面に存在する赤リン粒子をデジタル写真として撮影します。

【特徴】

製品の状態を維持したまま観察が可能です。ただし、赤色の粒子が必ずしも赤リンであるとは限らないので、簡易的スクリーニングや、同一製品のルーチン的な品質チェックとしてのご利

用をお勧めします。

③蛍光X線分析 (非破壊分析)

【手法】

蛍光X線分析装置により、部材表面~数mm程度内部に存在するリン元素を測定します。

【特徴】

製品の状態を維持したまま(15cm□×4cmHまで)観察が可能です。ただし、難燃剤としては安全な形態である不溶化処理された赤リンもリンとして検出されるため、②と同様の用途でのご利用をお勧めします。

④Py-GCMS(熱分解GCMS)分析

【手法】

試料より数mgを削り取り、熱分解GCMSにより試料中に存在する赤リンを測定します。

【特徴】

数mgの試料で赤リンのスクリーニング分析(定性・定量)ができます。また、分子構造まで確認することができるため、確実に赤リンの存在を確認できます。(ただし不溶解化された赤リンも同様に検出されます)

是非、お気軽にご相談ください。

株式会社近畿分析センター 東日本事業所 営業部

神奈川県川崎市中原区下沼部1753 〒211-8666

TEL:044-435-1087

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2016 年 12 月 7 日 水曜日

非破壊検査(レーダー探査)のご紹介 -埋設配管調査-

ライフラインを知る!守る!

工事等で切断されがちなライフラインの場所を事前に非破壊で調査します

埋設配管調査の専門家がライフラインの切断を事前に防止します

1.埋設配管調査の概要
床板、壁内部の配管状態を知りたい
対象深度:~0.4m程度
主な対象物:
・各種配管(鋼管、塩ビ管等)
・電源ケーブル、通信線
・鉄筋等

地盤内部の配管状態を知りたい
対象深度:~3.0m程度
主な対象物:
・地盤内の上下水道、ガス管等
・電気、通信ケーブル等
・共同溝、地下ピット、空洞等

■探知可能な規模・深度

■埋設配管探査結果事例

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2016 年 5 月 30 日 月曜日

ナフタレン、リフラクトリーセラミックファイバーの作業環境測定は当社にお任せ下さい!

ナフタレンおよびリフラクトリーセラミックファイバーに係る労働者の健康障害防止対策を強化すること等を目的として、労働安全衛生法施行令、労働安全衛生規則、特定化学物質障害予防規則が改正されました。

(平成27111日施行)

【ナフタレン】

◎用途の例:染料中間物、合成樹脂、爆薬、防虫剤、有機顔料、ナフチルアミン、滅菌剤 等

特定化学物質(特定第2類物質)に追加。ナフタレンを重量の1%を超えて含有する製剤その他の物を製造し、または取り扱う作業が規制の対象となり、以下の措置等が必要となりました。(一部、経過措置あり)

●名称等を表示すべき有害物として追加

●発散抑制措置(局所排気装置の抑制濃度:10ppm

●作業主任者の選任

●作業環境測定の実施(管理濃度:10ppm

●特殊健康診断の実施(配置転換後のものを含む)

●作業環境測定結果、健康診断結果、作業記録等の30年保存等の義務付等

【リフラクトリーセラミックファイバー】

◎用途の例:炉のライニング材、防火壁保護材、高温用ガスケット・シール材、絶縁保護材、耐熱材等

特定化学物質(管理第2類物質)に追加。リフラクトリーセラミックファイバーを重量の1%を超えて含有する製剤その他の物を製造し、または取り扱う作業が規制の対象となり、以下の措置等が必要となりました。(一部、経過措置あり)

●名称等を表示すべき有害物として追加

●発散抑制措置(局所排気装置の抑制濃度:5μm以上の繊維として0.3f/cm3

●作業主任者の選任

●発じんのおそれが高い特殊な作業を行う場合に、有効な呼吸用保護具等の使用、作業場所からの悲惨防止など

●作業環境測定の実施(管理濃度:5μm以上の繊維として0.3f/cm3

●特殊健康診断の実施(配置転換後のものを含む)

●作業環境測定結果、健康診断結果、作業記録等の30年保存等の義務付け  等

当社ではナフタレン、リフラクトリーセラミックファイバーの作業環境測定を実施しています。

詳しくお知りになりたい方は、下記までご連絡下さい。

(お問い合わせ先)

520-0833 滋賀県大津市晴嵐二丁目91

TEL(077)534-0651

FAX(077)533-1604

211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

TEL(044)435-1087

FAX(044)435-1796

担当:営業部

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2016 年 4 月 8 日 金曜日